株式会社ぞっこん四国

Menu

こだわり

ぞっこんとは

「ぞっこん」は、四国カルストの鍾乳石から湧き出る天然水。
大地で自然に濾過され無菌なので、加熱処理せず商品化できました。

愛媛と高知の県境一帯に広がる日本三大カルストのひとつ、四国カルスト。数千万年という年月を経たこの豊かな土壌と地形が生み出した雫が、「ぞっこん水」です。四国カルストにはドリーネと言われる竪穴がたくさんあり、そのドリーネに溜まった水が鍾乳石を通り、自然濾過されミネラル成分豊富な水を作り出します。水が生まれるのに最適だったカルストならではの豊かな土壌、そして何より、手つかずのままそれが残っていたという希少性の高いその自然の恵みを毎日少しずつ採水し、全国のみなさまにお届けしています。

非加熱処理の天然水、しかも弱アルカリの中硬水です。

「ぞっこん水」は加熱殺菌処理をしていません!!

加熱殺菌してしまうと、水の組成が変わり、生理活性が失われてしまいます。水のおいしさの決め手となる酸素も炭酸ガスも失われてしまいます。加熱によって、せっかくの水が台無しになってしまうのです。ですから、天然水を選ぶ際には、「非加熱」と書かれていることも重要なポイントです。
「ぞっこん水」は清らかな自然が水源。周囲数キロ内に人家はありません。雑菌はゼロですので、非加熱のままの天然水として皆さまにご提供できるのです。 また、四国カルストに降る雨・雪解け水はカルストの鉱石層を伝う時にミネラル成分を溶かしこみます。特筆すべき点は、「ケイ素」や「サルフェート」「バナジウム」というミネラル成分も含まれているということです。

ぞっこん水が誇る、ミネラル成分表単位:mg/l

商品名
四国カルスト
天然水
ぞっこん
ろ過方法
中空糸膜式ろ過膜
膜の大きさ
0.01μ
カルシウム
40.2
ナトリウム
2.0
カリウム
0.12
マグネシウム
0.45
ケイ素
2.0
硬度
102.3
K Index
38.4

※四国カルスト天然水ぞっこん成分分析値(H30年度調べ) ※水の硬度=カルシウム×2.5+マグネシウム×4.1(mg/l)
※K Index…「健康に良い水」の指標(大阪大学工学部環境工学科 橋本奨教授提唱)

加熱・冷凍により天然ミネラル成分の結晶が浮遊・沈殿することがありますが、品質には問題ありません。

ぞっこん」水の特徴を教えてください。

「ぞっこん」水は硬度102.3(H30年度)の中硬水です。
中硬水は硬水と軟水の中間にあたり、軟水よりミネラルが豊富であり、硬水よりもまろやかで飲みやすいといった特徴があります。そのまま飲んだり、珈琲などにもよく合います。
四国カルストは豊かな土壌に恵まれており、緑泥片岩という青い石に含まれているケイ素というミネラル成分が「ぞっこん」水には含まれております。このケイ素は、体内で生成することができないため、体外から摂取することしかできません。
また、平成25年度の水質検査では、8.6μg/Lのバナジウムと、4.7mg/Lのサルフェートが含まれていることを確認しております。